案外、そうかもしれないよ。

インドアな私の徒然なる日記

機械に取って代わられないシゴト

久しぶりに職場に新入社員さんがやってきた。

職業柄、中途採用ばかりで、ある程度の経験がある人が多いのだけれど、

今日の人は同業の別職種からのキャリアチェンジらしい。

 

もともとはディレクターさんを

有名なところでやってはったらしい。

(聞きそびれちゃったなあ)

割と大変だったんだとか。

 

でも、どーしても

作る側をやりたくて、

年齢的にもラストチャンスだー!と

思い切ってのキャリアチェンジ。

頑張って欲しいものだ、多分年も近い。

 

ディレクターをかれこれ、

キャリアチェンジギリギリと言われる年まで

なんとなしに続けているけれど、

これから先のキャリアはたしかに悩ましいところ。

f:id:tj_y:20161107225107j:plain

進行管理なんかは、

カンタンにAIに取って代わられるだろうし、

なんなら最近はクライアントさんで手を動かしさえすれば

自分でできてしまう部分も今の職域にはある。

 

「機械に取って代わられない」を考えるなら、

  • 論理的に考えたプランニング
  • プランニングの元に生み出されるライティング
  • ライティングを形にするデザイン

とかって、クリエイティブな部分は

もう少し機械に代わられることは

無いようなきがする。

 

アクセス解析は最近、GAが力つけてきてるから少し不安。

数字をどう使うかの部分はまだしばらくは大丈夫な気もするけど、

「こここうなってるからこうしたほうがええで」なんて

機械の得意分野のような気がする。

 

「食いっぱぐれないようにする」

来年30を迎える僕の命題になりそうだ。