案外、そうかもしれないよ。

インドアな私の徒然なる日記

物作りって心を作る事 下町ロケット

 

池井戸作品は半沢直樹以来。

もともとは妻が職場の関係のものが出るからーって言うので見始めたけど、気がつけばスッカリ2人で日曜夜にはテレビに釘付けに。

 

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

 

 

原作は見てないんだけど、

人の熱さ(主に阿部寛)にずっと心動かされっぱなし。

いろんな立場の人が出てくるけど、みんなだいたいそれぞれの正義があって、それもわかるけど。。みたいな描写も上手だなあって思った。

(的場さんとか、どー考えても冷たい人やん!って思ってたけど、そう言う考えだったのなあ、、みたいな)

 

録画してた新春スペシャル見てすぐに書いてるけど、藤間社長が言ってた「我々は何を使っているのかね、心だよ」って言ってたのは、グッと来たなあ。。

ユーザーエクスペリエンスとか、カスタマージャーニーとかいろいろ言うけど、物作りの芯ってやっぱりユーザーがあってこそ。

ビジネスはユーザーなしにはありえなくて、

ユーザーが求めているものを叶えたりすることで対価をもらう。

削ぎ落としたその簡単な部分を忘れちゃいけないなあと、システム会社に働く自分にも刺さった